琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

芥川賞をとれば作家として安泰?


「毎日jp」に、興味深い記事があったので。

質問なるほドリ:芥川賞をとれば作家として安泰?=回答・棚部秀行(毎日jp)

ちなみに、実際に受賞した人は、こんなふうに仰っておられます(ともに『活字中毒R。』より)。
芥川賞・直木賞と作家の「生涯賃金」(芥川賞を受賞された町田康さんと直木賞を受賞された石田衣良さんの対談の一部)
某芥川賞作家の「芥川賞を受賞して変わったこと」(芥川賞作家・長嶋有さんの話)

エンターテインメントの作家にはこだわりがない人もいるのでしょうが、やっぱり「貰えれば嬉しい」ことは間違いないようです。とくに純文学の人にとっての芥川賞は、「食えるようになるための最短ルート」なのかもしれませんね。

アクセスカウンター