琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

葉桜の季節に君を想うということ ☆☆☆☆

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
ひょんなことから霊感商法事件に巻き込まれた“何でもやってやろう屋”探偵・成瀬将虎。恋愛あり、活劇ありの物語の行方は?そして炸裂する本格魂。

 実はこの本、「このミス」で1位を取り、ものすごく話題になっていたときに単行本を買ってはいたのですが、どうも冒頭の「援助交際」のシーンがなんだか感じ悪くて何度か挫折していたんですよね。今回は飛行機の中だったので、けっこう集中して読みきることができました。途中で挫折しがちな本を読むには、飛行機の中か当直中がオススメです。

 何を書いてもネタバレになりそうな小説なので、なかなか「感想」も書きにくいのですが、読み終えて「やられた!」と脱帽するとともに、この作品の底に流れる「熱さ」みたいなものにちょっとだけ感激してラストを何度か読み返してしまいました。
 ただ、正直なところ、僕はこの作品に対して敬意は抱くものの、好きかと問われたら、「うーん、評価はするけど好みじゃない」のですよね。
 それはひとえに、この作品の主要な登場人物たちへの僕の「不快感」のせいなのです。
 人間は弱いものではあるのでしょうが、それでも、共感できたり、敬意を抱いたりできるところがほとんどない人たちが活躍する小説って、好きになるのはちょっと難しい。
 そういうのってたぶん、僕の「本読み」としての視野を狭めている元凶なんでしょうけど。

アクセスカウンター