琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

『タイタニア』TVアニメ化


田中芳樹原作 「タイタニア」が初TVアニメーション化!

 田中芳樹さん原作のアニメといえば、『銀河英雄伝説』(いまだにDVD-BOXを買おうかどうか迷ってる)が白眉で、『アルスラーン戦記』『創竜伝』も有名なのですが、まさか『タイタニア』までアニメ化されるとは……
 えっ、でも、『タイタニア』って、まだ未完というか、ものすごく最初のほうで途切れたままの作品なのでは……

Wikipediaの『田中芳樹』の項には、

遅筆で有名な作家でもあり、「完全に完結させたシリーズは『マヴァール年代記』『銀河英雄伝説』『夏の魔術シリーズ』のみ」とも言われる(しかも、『夏の魔術』シリーズはまだ続編の構想があると語っている)。「〆切健忘症」とも自称(?)し、ファンの間では『アルスラーン戦記』、『創竜伝』ともに更新ペースの大幅改善が希望されている。最近では、『自転地球儀世界』、『KLAN』など、一、二巻だけ書いて長期間放置していたシリーズの続編を、他の作家に丸投げしてしまう事も多く、作家としての姿勢を疑う声も出ている。

とあるのですが、正直、田中さんの場合は「遅筆」というよりは、「途筆」という感じなんですよね。
学生時代大ファンであり、いまだに誕生日が来るたびに「何も悪いことなんてしてないのに、なんで○○歳なんかにならなきゃいけないんだ!」と内心ボヤいてしまう僕としては、「ちゃんと終わらせようよ、お互いいつまでも生きてるわけじゃないんだからさ……」とも思うんですよ。もう、いま続刊が出ても僕は『アルスラーン』も『創竜伝』も読まないだろうけど(ただし、『銀英伝』の新しい外伝(これも6冊書くって言ってたんだよ昔)は、出たら読む。結局、「完結している」のは、かなり強引な終わりかただった『マヴァール』だけじゃん!)最近の中高生が田中芳樹作品を読んだら、「何このサヨクな小説」としか思わないかも。

それにしても、『タイタニア』か……いろいろ調べていたのですが、十数年前の「田中芳樹ブーム」で、めぼしい作品はほとんどすべてアニメ化されており、そんななか「この分量と終わり方じゃ厳しいよね……」と誰も手をつけなかったのが、この『タイタニア』というわけです。これをやるなら『七都市物語』でもやればいいのに……と思ったら、とっくの昔にビデオアニメ化されてたよ。
それにしても、『タイタニア』ねえ……
いかにも「田中芳樹らしい」大風呂敷を広げて期待させた挙句、広げっぱなしの大河スペースオペラの残骸。
いっそのこと、当時田中芳樹関連の同人誌で書いてた上手い人に、続きを頼めばよかったのに。

しかし、よく『銀河英雄伝説』は完結してくれたよなあ。
個人的には、どうせだったら、あれも7巻で途切れてくれていたらよかったのに、と思うこともありますけど。


タイタニア〈1〉疾風篇 (トクマ・ノベルズ)

タイタニア〈1〉疾風篇 (トクマ・ノベルズ)