琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「風の歌を聴け」(村上春樹)

文学賞メッタ斬り!」に、「村上春樹芥川賞を授賞しなかったのは、文壇の罪だ」という記述があって、春樹フリークの僕は「そうだそうだ!」と思ったのですが、あらためて「風の歌を聴け」を読んでみると、この「ちょっと躁気味な人がひたすら自分語りをしているような文体」に芥川賞をあげるのは、選考委員としては勇気がいることだろうなあ、と思った。当時は今みたいに評価が定まってはいないわけだし。
まあ、そういう「評価が定まっていない作家の作品」を評価するのが文学賞なのかもしれませんが。

アクセスカウンター