琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

第131回天皇賞・春

1 1 ザッツザプレンティ 牡5 58 岩田康 橋口
アクティブバイオ 牡8 58 小牧 崎山
2 3 アドマイヤグルーヴ 牝5 56 武豊 橋田
トウショウナイト 牡4 58 武士沢 保田
3 5 ユキノサンロイヤル 牡8 58 小野 増沢
リンカーン 牡5 58 福永 音無
4 7 シルクフェイマス 牡6 58 四位 鮫島
ヒシミラクル 牡6 58 角田 佐山
5 9 チャクラ 牡5 58 後藤 安達
10 スズカマンボ 牡4 58 安藤 橋田
6 11 ハイアーゲーム 牡4 58 吉田豊 大久保洋
12 [外]マカイビーディーヴァ 牝6 56 ボス オーストラリア
7 13 アイポッパー 牡5 58 藤田 清水出
14 サンライズペガサス 牡7 58 幸 石坂
15 マイソールサウンド 牡6 58 本田 西浦
8 16 ハーツクライ 牡4 58 横山典 橋口
17 ビッグゴールド 牡7 58 和田 中尾正
18 ブリットレーン 牡6 58 吉田稔 加賀

混戦、というか、どの馬も決め手に欠けるという印象のこの天皇賞。まあ、馬券的には面白いレースではあるのですが。
<直前予想>
アイポッパー
 京都コースが得意で、相手なりに走れる上がり馬。阪神大賞典も、最後はいい脚を使っていましたし、長距離慣れしている点も心強い。もっと人気になるかと思ったのですが、重賞未勝利が嫌われたのかな。うーん、でも好走して3着とか4着のような気も…

リンカーン
 去年の春天はともかく、菊花賞2着、阪神大賞典勝ちもあり、なによりも今回のメンバーのなかで、ちゃんとトライアルを使って本番に臨めているという順調さは大きいはず。とか書いてたら、アイポッパーより強そうな気もしてきたなあ。

ヒシミラクル
 京都の長距離。そろそろ出番か。しかし、京都記念以来という間隔は、叩き良化型といわれているだけに気にはなります。まだ故障明けから完調とまではいかないだろうし。

シルクフェイマス
 この馬にとっては、まさに恨みの雨。実力的には、去年3着だし、ロブロイもタップも不在のこのレースは大チャンスのはずなんですけど、雨は全然ダメらしいです。それに、この馬のベスト距離は、2400m前後なんじゃないかな。

×ザッツザプレンティ
 正直、前走内容からは、そんなに急激に良化しないのではないか、とも思われますが、なんといっても岩田!とりあえず抑えておきましょう。見せ場は作ってくれそうです。

一応、強弱をつけつつこの5頭のボックスで。天皇賞だし、長距離馬に勝ってもらいたいですけどねえ。でも、何が来てもおかしくないよなあ。 

アクセスカウンター