琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

オークス予想

1 1 エリモファイナル 牝3 55 内田博 大久保正
  2 ブリトン 牝3 55 田中勝 武邦
2 3 コスモマーベラス 牝3 55 柴山 中村
  4 ◎シーザリオ 牝3 55 福永 角居
3 5 ○エアメサイア 牝3 55 武豊 伊藤雄
  6 アドマイヤメガミ 牝3 55 池添 松田博
4 7 レースパイロット 牝3 55 蛯名 松田国
  8 アスピリンスノー 牝3 55 小野 森
5 9 ディアデラノビア 牝3 55 デザーモ 角居
  10 ▲ライラプス 牝3 55 後藤 松田国
6 11 △エイシンテンダー 牝3 55 武幸 武邦
  12 ピューマカフェ 牝3 55 須貝 小島太
7 13 ランタナ 牝3 55 江田照 大江原
  14 ジョウノビクトリア 牝3 55 横山典
  15 ヤマニンアリエル 牝3 55 柴田善 浅見
8 16 ビッグフラワー 牝3 55 北村宏 中尾正
  17 ×ショウナンパントル 牝3 55 吉田豊 大久保洋
  18 ×ジェダイト 牝3 55 藤田 池江泰郎

シーザリオ
 もし単勝が2倍以上つくなら、この馬の単で全額勝負しようと思ってました。現時点では1.6倍。うーん、このオッズだと、単ではリスクに比してプラスが少ないかなあ。
 でも、この馬は桜花賞でのあの不利に負けない勝負根性と有力馬のなかでは、距離適性がありそうなこと、桜花賞の1,3着馬が不在で、4着馬(エアメサイア)には差をつけていたことなどを考えると、やっぱり抜けていると思います。去年のダンスインザムードの悪夢があるのと、マイルであまりにいい脚を使ったため不安な面も無きにしもあらずなのですが、他の馬もみんなマイラーなら、2400Mの距離でも、結局は強いマイラーが勝つということで大本命。それに、ラインクラフトの使い方は、距離適性もあったのでしょうが、「福永祐一オークスシーザリオに乗せてやろう」という雰囲気を感じたんんですよね。それって、ものすごく自信あり、ということなのではないかなあ、と。2着が全然わからないので、もうちょっと単勝オッズが上がってくれたら嬉しいんだけどなあ。

エアメサイア
 終わってみれば、桜花賞組、ということで、この馬が対抗。でも、勝ちきるまでの力はなさそうだし、終わってみればまた4着、とかいう可能性もありますが。まあ、武豊だし、シーザリオとの組み合わせも思ったほど一本被りになっていないので(馬連7倍くらい)、普通に「2着候補の筆頭」という評価で。

ライラプス
 クイーンCも勝っているし、東京巧者なのではないかということで。血統的には2400Mは厳しい感じなのですが、ロンドンブリッジの娘とかサクラユタカオーの娘とかでも好走できるオークスだし、これらの馬は東京実績があったんですよね。内からスルっと抜けて2着とか、後藤騎手がNHKマイルカップのデアリングハートみたいな乗り方をしてくれれば連に絡む可能性は十分にありそう。

エイシンテンダー
 桜花賞は見せ場なしの6着だったのですが、今回は状態も良化しているようですし、怖い1頭。前で競馬できそうなのも強みだし。

×ショウナンパントル
 血統的にはオークス向きっぽいのですが、近走がねえ…クイーンCも斤量が重くて馬場が悪かったとはいえ、負けすぎだしなあ…ちょっと買いにくい

×ジェダイト
 まあ、前に行けそうな馬、ということで。
 でも、この馬だって、別に「距離伸びていい」感じじゃないよなあ。去年のギミーシェルターみたいな感じ?

無印ディアデラノビア
 強いとは思うけど、距離延長と相手強化でいかがなものか。今の東京の前残り馬場とミエミエのスローペースでは、ちょっと厳しそう。デザーモがどう乗ってくるかは怖いけど…

無印レースパイロット
 キンカメの妹だからといって、キンカメと同じくらい強いというのは買いかぶりすぎかと。中間不安説があったのもマイナス要因で、こういうときって、いくら調教がよくても、「終わってみれば…」という結果になりがちなんですよね。

というわけで、今回は桜花賞組を上位に。シーザリオの単オッズがもう少し上がってくれれば(1,8倍以上)、シーザリオ単勝で勝負する予定です。


追記:結局シーザリオ単勝たくさんと◎○▲△の3連単ボックスを買いました。買わないとディアデラとかレースパイロットが来るような気もするなあ。

アクセスカウンター