琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

安田記念結果

1 4 7 (外) アサクサデンエン 牡 6 58.0kg 藤田伸二 1:32.3  
2 6 11 スイープトウショウ 牝 4 56.0kg 池添謙一 1:32.3 クビ
3 6 12 [外] サイレントウィット せん 6 58.0kg F.コーツィー 1:32.3 アタマ
4 8 16 [外] ブリッシュラック せん 6 58.0kg G.モッセ 1:32.5 1 1/4馬身
5 5 9 (父) カンパニー 牡 4 58.0kg 福永祐一 1:32.6 クビ
6 8 17 テレグノシス 牡 6 58.0kg 勝浦正樹 1:32.7 1/2馬身
7 4 8 (父)(市) バランスオブゲーム 牡 6 58.0kg 田中勝春 1:32.8 3/4馬身

12 7 13 (市) アドマイヤマックス 牡 6 58.0kg 武豊 1:33.0

15 8 18 (市) ハットトリック 牡 4 58.0kg 四位洋文 1:33.3

18 3 5 ダンスインザムード 牝 4 56.0kg K.デザーモ 1:36.0 大差

というレースでした。つまらん。安田大サーカスのほうが、はるかに面白いわ。
なんというか、糞レースというか、開いた口が塞がらないというか…
そもそも、アサクサデンエンが勝つような展開でスイ−プトウショウが連に絡むなんて思ってもみなかったし、前がゴチャゴチャしていたんだけど、結局そのままゴチャゴチャしながらゴールしてしまった、という……グリーンベルトを通った馬以外、全然勝負になってないし……スイープトウショウが、あんなに競馬が上手だとも思わなかった。

もう、安田記念の週にAコースにして、内側にグリーンベルト造るのやめようよ…

それにしても、この組み合わせが馬連14000円しかつかないということに、世間の人々の馬券上手を痛感させられます。終わってみれば、確かに両馬とも「東京巧者」なんだろうけどねえ……

それにしても、僕が買った馬たたちは、5頭ボックスで6、7、12、15、18着という惨敗でした。 うーん、東京のマイルは、もっとこう迫力ある追い比べを観たいんだけどなあ、個人的には。
なんか、去年の秋の前残り東京コースの再現みたいなレースでした、最低!!

【SUPER当馬君】キミは偉い!!

アクセスカウンター