琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

薬師丸ひろ子さんの話

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-051202-0007.html

セーラー服と機関銃」の「カ・イ・カ・ン」をドキドキしながら観ていた世代としては、あの「薬師丸ひろ子」が「お母さん役」で活躍しているというのは、なんだかとても不思議な気分です。「1リットルの涙」でも、お母さん役だし。僕たちにとっては、「スクリーンの向こうの、憧れのお姉さん」だった時代が非常に長かったので。とにかく、声がものすごく透き通っていて、凛とした人だったんですよね、薬師丸さんのイメージって。「ベストテン」で、ちょっとはにかみながら、
♪さよならは別れのことばじゃなくて ふたたび会うまでの遠い約束
と歌っていたのを今でも思い出します。
ところで、日刊スポーツの記事(紙面)であらためて写真を観たのだけれど、昔より綺麗になってますよね、薬師丸さん。

アクセスカウンター