琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

『東京タワー』感想 ☆☆☆☆

http://www.tokyotower-movie.jp/

 昨日観に行ってきました『東京タワー』。かなり出足は好調みたいで、僕の地元から車で1時間くらいの某地方都市(シネコンが飽和状態)のレイトショーでも、3割くらいのお客さんの入りでした(とか書くと、東京の人には「ガラガラじゃん!」って言われそうだけど)。
 それで、いきなり結論から書いてしまいますが、すごく良かったですよ、この映画。観る前までは、正直「もう『東京タワー』見飽きたな……それに、キャストもオカンが樹木希林さんって、絵的にどうよ、「フニフニフニフニ(林檎殺人事件)の人だもんなあ」とか思ってたんですけどね。
 この映画、小説や大泉洋主演の単発ドラマや速水もこみち主演の「月9」のようには泣けません。僕がこの映画に最も期待していたことって、松たか子をスクリーンで観られることと松尾スズキさんの脚本だったのですが、松尾さんは本当に素晴らしい脚本家だなあ、と思いました。絶妙の寸止め感。今までのドラマでは、「視聴者をここで泣かせてやろう」という制作側の意図が透けまくりの安っぽい「お涙頂戴シーン」満載だったのですが、この映画版では、「ここでもう一押しすれば、『泣かせられる』のに……」というシーンで、惜しげもなく場面が切り替わります。オカンの手紙が登場しても、その内容が作中で読まれることはありません(例外はありますが)。今までの「オカン」は、「とにかくマー君を大事にする子煩悩な母親」として描かれていたのだけれど、この映画版でのオカンは、「母親であるのと同時に、ひとりの女性でもあって、自分がこうして『母親役』を演じ続けなければならない現実に戸惑っている」というのがものすごく伝わってくるんですよね。「人間」って、本当はこういうものだと僕も思うのです。内田也哉子さんって、本木雅弘の奥さん、というイメージしかなかったので、オカン役としては不安だったのですけど、この映画のなかでは、いちばん印象に残った役者さんでした。まあ、「ボク」が大学生になったときに、いきなり「オカン」が内田也哉子さんから樹木希林さんに変わったときには、「オカンは何の呪いをかけられたんだ……」と驚いてしまいましたけど。さすがにあれは唐突すぎないかね。親子だから、似てるんだけどさ、確かに。
 僕は松尾スズキさんって、本当は『東京タワー』みたいな湿度100%の話って、苦手だし嫌いなんじゃないかな、と思います。そして、だからこそこの映画は、「泣きたい人を泣かせるためだけの映画」にならずに済んだのかもしれません。松尾さんは、このドラマを「泣かせる話」「素晴らしい親子愛の話」として過剰に描くことをせず、「どこにでもある、人と人とのすれ違いと結びつきの物語」として描いていて、それは僕にとってはすごく「身近なもの」だったんですよね。原作のダイジェスト版みたいになっていて、短いシーンが次々と入れ替わるし、「泣きたい人」にとっては素っ気ない話のように思えるかもしれないけれど、そう感じられるのは、人生ってやつが素っ気ないものだからなのですよ、たぶん。
 正直、「ボク、オトン、オカン」以外の登場人物の大部分に関しては、かなり説明不足で「原作を読んでいない人には『なんでこの人がここにいるの?そもそも、この人誰?』と思われるのではないかな」というシーンがあったり、ラストにちょっと違和感があったりしたのですが、最近の日本映画は、本当に元気だなあ、と感じさせてくれる映画でした。個人的には、食べまくっている松たか子にちょっとウケましたよ。「SMAP×SMAP」でも、女優とは思えない「ガン食い」してたからなあ……

 そうそう、僕は1ヵ所だけ涙が出て止まらなくなったシーンがありました。でも、その1回で十分満足。


 以下ネタバレ感想です。これから観る予定の方は、読まないように気をつけてくださいね。


<以下ネタバレ>

 しかし、ここまで「あっさり風味」の演出というのはある意味すごいですよね。あの濃厚トンコツラーメンのような『東京タワー』をここまで淡白な作品にしてしまった映画のスタッフは勇気があったと思いますよ。オカンが死んでしまうシーンも直接的には描かれなかったし。僕としては、リリーさんが医者に対して食ってかかるようなシーンが無かったのにはホッとしたのと、普通の患者さんからみると「病院」というのはこんなふうに見えるのだなあ、と感じたのが印象に残っています。
 ただ、「ミズエ」っていうキャラクターは、この作品にとって何だったんだろうなあ、という疑問は残ってしまっていて、『en-taxi』の映画『東京タワー特集』では、松たか子が、ラストシーンでボクとミズエとオカン(の位牌)が東京タワーの展望台に上るシーンに対して「私がここに居ていいんでしょうか?」と疑問を呈したというエピソードが紹介されていました。僕も観ていて、「ミズエって、そんな『特別な存在』だったの?」と思ったんですよねやっぱり。この映画での描き方だったら「リリーさんの大勢の女友達のうちのひとり」にしか見えないというか、少なくとも「ボク」と「オカン」と一緒に東京タワーに上る資格がある存在には見えないんですよ。「オカンはそれを望んでいた」のかもしれないけれども。まあ、「オカンの死をきっかけに二人はよりを戻して結婚した」みたいなオチよりははるかにマシだったとしても。
 ちなみに、僕が泣いてしまったのは、オカンのお通夜のときに不躾な編集者から催促の電話がかかってきて、一度は「こんなときに仕事なんかできるか!」と電話を切った「ボク」が、「お前が仕事をしているのを見ているときが、いちばん気分が良いよ」というオカンの言葉を思い出し「最高に笑えるバカエッセイ」を一生懸命に書きはじめるシーンでした。僕の母親もなかなか見舞いにも来ない息子(=僕)に対して「お前が元気で仕事をしていてくれれば、それがいちばん安心だよ」と言っていたのを思い出してしまって。
 今の僕にできる「親孝行」っていうのは、たぶん、僕自身が自分に誇りを持って生き抜いていくことだよな、とか考えていたら、涙が止まらなくなりました。

アクセスカウンター