琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

卒業式の日に怒られたこと


 高校の卒業式の日のこと。
 僕はすでに進路も決まり、ようやく寮生活からもおさらばできるということで、ちょっと舞い上がっていた。
 それはみんなも同じだったようで、まだ進路が決まっていなかった連中も含め、掃除の時間に「かったるいよなあ、掃除なんて、やってられるかよ」と、掃除道具で遊んだり、雑談に興じたりしていたのだ。

 そのとき、僕たち3年生の担任の先生がトイレに入ってきて、僕に向かって言ったのだ。
「お前がそんなヤツだとは思わなかった。たしかに今日は卒業式の日で、お前にとっては「これからのことは関係ない」かもしれないけれど、この学校は後輩たちがこれからも使っていくんだ。お前だって、高校を卒業したくらいで、そんなふうに浮かれているなんてみっともないぞ。本当の勝負はこれからなのに」

 その先生は、日頃、生徒を叱るような人ではなかったのに、その日は、かなり強い口調で僕を叱ったのだ。
 
 僕はあれから、自分がちょっといい気になっているな、というとき、あの卒業式のときのことを思い出すようにしている。
 先生だって、卒業式の日に、生徒を叱りたくはなかったはずだ。
 でも、だからこそ、あの日のことは、僕にとってはずっと、調子に乗りやすい自分への戒めになっている。



僕のTwitterはこちらです。
http://twitter.com/fujipon2

アクセスカウンター