琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

【読書感想】東京藝大ものがたり ☆☆☆☆

東京藝大ものがたり

東京藝大ものがたり

  • 作者:あららぎ菜名
  • 発売日: 2021/03/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


Kindle版もあります。

東京藝大ものがたり

東京藝大ものがたり

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

イラストレーター・中村佑介さん大絶賛!!

「見よ!美大受験はこんなにも
地味で、壮絶で、美しい。」

noteから生まれた
感動の藝大受験ストーリー(すべて実話!)
待望のコミック化!!

東大より難しい?
東京藝術大学の受験って
他大学とどう違うの?

入試倍率40倍⁉
東京藝術大学の受験に
浪中の主人公が挑んだ結果とは?


 
 書店で見かけて購入。
 もとは、著者自身の藝大受験の体験を綴った『東京藝大受験ものがたり』がSNS上で話題になり、本作は『cakesクリエイターコンテスト2020』入選作なのだそうです。
 
 僕自身は、受験にそんなにドラマチックな思い出はないのですが(それはそれで幸せなことではあります)、「東大よりも遠い場所」である「東京藝大」受験について描かれたこの本は、僕の記憶のなかの「受験体験」と共通しているところもあり、「藝大というのはこんなに違うものなのか」と驚かされるところもありました。

 僕の周りには、藝大を受験する人はこれまでいなかったのですが、近年、「東京藝大の学生や先生たちの生態」を描いたノンフィクションはいくつか読みました。


 これなどは、その代表で、けっこう話題にもなり、マンガ化もされています。

fujipon.hatenadiary.com


 こんな常軌を逸した「超人」たちが集まる東京藝大なのですが、学生たちは、みんな難関の入試に合格しているわけで、逆に言えば、「合格するまでは、アートを生業にしようと決意した高校生(あるいは浪人生)」でしかないのです。

 著者のあららぎ菜名さんは、お父さんが藝大出身の陶芸家という、傍からみれば「サラブレッド」なのですが、それでも、東京藝大への道のりは甘くはありません。

『なぜ藝大を受験したのか』大学に入ってから同級生に聞いたことがある。

「受験した理由?」

「どうせやるなら、日本で一番の学校がいいから」

まさにプロ根性


 「アート」の世界は、「作品」がすべてで、学歴とかよりも、良い作品を描いて(造って)世に問えば、それで成功できるのが「正しい」のではないか、なんて僕は思っていたのですが、現実はそんなに簡単なものではないのです。
 
 そのジャンルに歴史や伝統があるほど、その「文脈」みたいなものに沿った作品や、それなりの師匠についていないと、評価されるのが難しい世界でもあるんですよね。

 そういえば、もう10年くらい前に、ゲーム音楽特集をしていたラジオ番組のなかで、「今は東京藝大を卒業して、『ゲーム音楽をつくりたい』とゲームメーカーに入ってくる人がいる」という話を聞きました。 
 僕がテレビゲームにはじめて触れた40年くらい前には、「ゲーム音楽は、スタッフの音楽好きな人や社員の知り合いがつくっている」ことが多かったのです。すぎやまこういち先生がエニックスのゲームの音楽をつくったときには「そんなビッグネームが『ゲーム音楽』をやるの?」と驚いたものでした。
 
 著者も大学1年生のとき、「漫画家を目指していた」という話がこの本の冒頭で出てくるのですが、「それ、わざわざ東京藝大に行かなくてもいいのでは?」とも思ったんですよね。結果的には、「東京藝大」を受けたことが、この素晴らしい作品につながっているのだから、大きなものを得た、ということになるのかな。

課題:バラ(白)と電球と任意のローマ字(A〜Z)大文字で3つを使い色彩構成しなさい。


藝大の入試では、こんな問題が出るのです。
僕には、問題の意味すらわからない。
藝大を受けると、こういう問題に対して、制限時間内に自分なりの作品で「答え」なければならないのです。
同じ「大学受験」でも、僕が受けたものとは、全然違うし、そこには「模範解答」は存在しない。自分で考えて、自分で手を動かさなくてはならない。
 そして、その作品が「採点」される。
(ちなみに、東京藝大の場合は、実技だけではなく、学科でもセンター試験で7割くらいは取らないと、よほど実技が圧倒的じゃないと厳しいそうです)

 東大を受けるのであれば、問題には(論文入試は別として)「模範解答」があるし、模試などで、ある程度「自分の現在の実力」と「長所や弱点」も把握できる。
 受かるかどうかはともかく、自分がいまの実力で合格できそうかどうか、というのは、ある程度予測できるし、実際にできるかどうかはさておき、「やるべきこと」はわかる。

 でも、藝大の場合は、「誰もが唸る凄い作品」と「箸にも棒にもかからない駄作」は見分けがつくとしても、「合格ラインギリギリのところでの合否」というのは、採点者の好みも大きいはずです。題材に対する受験する側の下準備や得意・不得意もあるでしょうし。
料理の鉄人』の冒頭で発表される「食材」が、「藝大の試験問題」みたいなものです。

 試験の内容が特殊なだけに、長時間かけて準備をすればするほど、「つぶし(他の学部の受験)がきかなくなる」というリスクもあります。

 読みながら、医学部にこだわりつづけている多浪生のことを考えていました。
 傍からみれば、模試の成績からして、無理なんじゃないか。それで万が一合格したとしても、医学部の勉強についていくのは難しそうだし、患者さんの命がかかっている仕事だし……
 しかしながら、本人にとっては「いまさら、ここまでかけてきた自分の時間と努力を『損切り』できない」のですよね。

 アート、という答えのない世界で試行錯誤をつづけていく著者の「成長」が丁寧に描かれていることに圧倒されるのと同時に、「ひらめき」みたいなものが結局訪れることがなかった「東京藝大をめざした若者たちの屍」、みたいなものにも思いを馳せずにはいられませんでした。彼らにとって、藝大を目指したことは「人生の誇り」なのか、それとも「挫折」なのだろうか……
 スポーツの世界なら、記録や相手に勝つことで存在を証明できるけれど、アートって、最後は「他人の評価」なのだよなあ。

 藝大を受けよう、という人はもちろんなのだけれど、「受験勉強なんてくだらない」と思っている、一般の大学を受ける学生たちにも、ぜひ読んでみてほしい。
 「自分で考え、創らなくてはいけない受験勉強」って、こんなにキツくて崇高なものなんだ。
 昔の僕にも、この本を読ませてみたかった。


note.com

ハチミツとクローバー 1

ハチミツとクローバー 1

アクセスカウンター