琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

2005-01-08から1日間の記事一覧

「となり町戦争」

となり町戦争作者: 三崎亜記出版社/メーカー: 集英社発売日: 2004/12メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 36回この商品を含むブログ (490件) を見る 昨日、高橋源一郎さんの日記http://www.plays.jp/diary/gen1rou/index.html('04/12/28)でこの本の話を読ん…

(3)新鮮なネタをたらふく食べたいなら、昼0:00の10分前に

この時間は客が少なく、ランチに合わせて店がたくさんネタを並べはじめるから。 ああ、わかっていながら、その10分前行動がなかなか難しい…

(2)追っかけ注文で待ち時間短縮

客が多いときはオーダーしても時間がかかることがあるので、誰かが注文した直後に続けて同じネタを頼めばついでに握ってくれて待ち時間が短くてすむ。 ただ、あんまりこの方法ばっかりやっていると、ちょっと恥ずかしそう。

(1)職人がいる店では、できるだけ近くの席を選んでから座るべし。

握りたてを食べられるし、オーダーもしやすいから、とのこと。でも僕はなんとなく、目の前で人が動いていると気になることもあるんだよなあ。

(寿司虎の巻〜その4・回転寿司を極める)by九州ウォーカー2005.No.2

ネバーランド

公式サイト(日本):http://www.neverland-movie.jp/ 以前この映画の内容に「ピーターパン」の作者・ジェームズ・バリの親族が遺憾の意を表したという記事に関して、「活字中毒R。」で「『ネバーランド』を創った男」という文章(http://www.enpitu.ne.jp/…

アクセスカウンター