琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

2008-02-11から1日間の記事一覧

第138回芥川賞選評

今号の「文藝春秋」には、受賞作である川上未映子さんの『乳と卵』の全文とともに、芥川賞の選評も掲載されています。以下、恒例の抄録です(各選考委員の敬称は略させていただきます)。 池澤夏樹 「なぜか最近の候補作には、寝そうで寝ない男女の仲をゆる…

アクセスカウンター