琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

芥川賞

絲山秋子沖で待つ
×西村賢太『どうで死ぬ身のひと踊り』

絲山秋子さんは、今回こそ「受賞させるためのノミネート」かと。「ニート」とかで何かあげていれば、いい商売になったのではないかなあ、とか下世話なことを考えてみたりもするのですけど。松尾スズキさんも面白いかな、と思ったのですが、作品読んでないのにこんなことを言うのは失礼ですけど、向精神薬を飲んでどうたらこうたら、というような話は、「若い恋人が病で死んで…」というのと同じくらい飽きました。西村さんは、とりあえず残りの人のなかで、いちばんオリジナリティを感じるので単穴として一票。

アクセスカウンター