琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「ママになっても金」

http://www.nikkansports.com/ns/sports/f-sp-tp0-050627-0035.html

谷亮子さん、佳知さん、おめでとうございます。
ところで、「結婚会見」というのは、今はネットで報告が多くなったとはいえ時々みかけるのですが「妊娠会見」というのは、久々にというか、僕の記憶の中でもはじめてのような気がします。「私、結婚したの」という女性はいても、「私、妊娠したの」とみんなの前で報告する女性は、あんまりいませんし。まあ、「妊娠」というのは、外観上の変化である程度はわかってくるので、あえて報告するまでもない、という面もあるのでしょうし、「結婚」に比べたら、プライベートなことなのでしょう。「結婚式」はあっても「妊娠式」「出産式」はないし。考えてみれば、妊娠というのは、「セックスしてました!」っていうのと同じだしなあ(そりゃ、結婚していれば、一般的にはしてるでしょうけどね)。内輪では大喜びでも、外部に向かっては、どちらかというと小声でボソボソと「妊娠してるんです…」という形での報告が多いんじゃないでしょうか。ひょっとしたら、医療の世界が、「同僚の妊娠」⇒うっ、俺の当直の回数がまた増える……というような、ネガティブな発想にいきやすいからなのだろうか。

アクセスカウンター