琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

責任能力

http://www.asahi.com/national/update/0220/TKY200602200174.html

報道ステーション」を観ていたら、松本智津夫被告に接見したという弁護士が「責任能力なんてありませんよ」と話していたのだが、その人はなんと100歳でした。100歳だからダメだというつもりはないけぢ、サンプルとしてはあまりに極端すぎないか。
うーん、塾講師の事件でも「責任能力」を争うつもりみたいなのですけど、少なくとも犯罪行為をやった時点で「責任能力」があれば、それに応じた量刑が行われて当然だと僕は考えています。というか、つくづく「犯罪者に甘い国」だと思うよ。

アクセスカウンター