琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

僕がサンタクロースに別れを告げた日


いまどき親のサンタ対策&サンタとの別れどき | エキサイトニュース
↑の記事を読んで思い出した「僕がサンタクロースに別れを告げた日」のこと。


もう30年近く前のクリスマスの話。
当時ずっと、僕の家では、クリスマスイブは家族でケーキを食べ、
翌朝起きると枕元にプレゼントが置いてあったものでした。

子供心に、やっぱり親が置いてるんだろうなあ、と思いつつも、もしかしたら…
などという気持ちが捨てきれない年頃。

毎年、今年こそはサンタの正体を見てやろうと思いつつも、小学校低学年の子供には徹夜などかなわず、やっぱり起きると枕元にプレゼント、というパターンの繰り返し。

これは、そんなある年に起こった出来事です。

枕元のクリスマスプレゼントは、そのとき欲しいといっているものが置いてあることになってるのですが(その時点ですでに怪しいんだけど)、その年一番ほしかったのが、LSIゲームの『クレイジークライマー』(いま調べてみたら、『クレイジークライミング』というのがLSI版の正式名称だったようです)。
ちなみにこれがその『クレイジークライミング』

これは、主人公「クライマー」が、窓から落とされる植木鉢や鳥の糞などを避けつつ、高層ビルをただひたすらに登っていくというゲームでした。
ビルの屋上にたどりつくとステージクリア。
その年は、このゲームが大人気だったのですが、クリスマスの夜、目を覚ますと恒例のプレゼントの箱が。
開けてみると中は憧れのスレイジークライマー!!
おお、よくやったサンタクロース(親)!
と喜び勇んでさっそくゲーム開始……しようとしたのですが、レバーを動かしても全然操作できず。
なんとこれが、不良品だったんです。
半泣きで親のところに「壊れてるよ〜」と言いに行くと、なんと押入れの中から保証書が。
「サンタさんからのプレゼントなのに、なんで保証書持ってるの?」と聞くと、「サンタさんから預かったんだよ」の一点張り。
でも、わざわざ保証書を預けていくサンタクロースなんているわけないことは、子供心にも明白でした。
というわけで、ゲームは無事とりかえてもらえたんだけど、サンタクロースはいなかったことをあらためて思い知らされたクリスマスになったしまったのです。
もっとも、その後もクリスマスになると、「これほしーなー。サンタさんくれないかなあ……」と、さりげなく親にアピールしていたんですけどね。とりあえず、お互いにとって、「信じていることにしている」ほうが幸福だと思っていたから。

結局その駆け引きは、「ファミコン」を欲しがっていたら、「カセットビジョン」が枕元に置かれた年まで続くことになりました。
そのときは、「ファミコンカセットビジョンの区別もつかないサンタクロース」に落胆したものです。
考えてみれば、当時の親にとっては、「テレビゲームなんてどれでも似たようなもの」だったんだよなあ。

今考えると、サンタクロースからのプレゼントよりも親の愛情の方が、はるかにありがたいと感じます、ほんとに。

でも、「サンタクロースごっこ」って、親のほうもきっと楽しんでいたんじゃないかなあ。
「起きたらびっくりするだろうな」なんてニヤニヤしながら、プレゼントを置いていたはず。

うちの子に物心ついたら、僕もぜひやってみたいと思います。
さて、保証書はどうしようかな。

アクセスカウンター