琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

増田文芸部(1)


元彼女と旅行してきた

 この話、旅先で一度だけ寝てそのまま別れれば村上春樹



かれしのひみつをしってしまった。

締めの段落の

ひらがなだと、かれはかくじつによみません。

そういうひとです。

ってすばらしい表現だな、と。これだけの言葉なのに、どんな人だか見えますよね。
一瞬、「俺のことか?」とも思いましたけど。

アクセスカウンター