琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

ネット上の紳士淑女

じっぽです。毒吐くとです。
WEB上で、差別について誰かが書くと、必ず「私は絶対に、そういう差別なんてしていませんよ」と断言なさる紳士淑女がいるとです。
じゃけんど、僕の感覚では、「こういう差別をあんたはしてないとですか?」と問われたとき、条件反射的に「してない!」と断言できるような人って、それはそれで自信過剰というか、自分を客観的に観られていないんじゃないか、とも思うとです。そして、そういう人ほど、「差別してない」のは表面上だけだったり、「自分でそう思いこんでいるだけ」とか「お気に入りの女の子はかわいがるけど、女性差別はしてない」とかだったりするとです。
なんだか、そういう人って、「差別」について考えているというよりは、自分がいかにすばらしい人間かをアピールしたいだけのようにしか見えんとですよ。

こんなことばっかり書いているけん、モテんとです。じっぽでした。

アクセスカウンター