琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

2006-01-04から1日間の記事一覧

空飛ぶグータン

TV

うわー男子が混じるとこの番組全然面白くないなあ…

「ゲーム福袋」の内容

WEB

http://www.hatena.ne.jp/1135825848僕も気になってたんですよね… でも、ゲームってある程度市場価格が決まってしまっているものなので、正直「これは凄い!」っていう内容のものはなさそうです。大ハズレがないかわりに、大当たりもないみたい。

ありがとう。

ありがとう。 (角川文庫)作者: 鷺沢萠出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2005/08/25メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (18件) を見る鷺沢萠さんのエッセイ集。いつか紹介しようと思っていたのですが、この機会に。2005年に僕が…

執筆前夜

執筆前夜―女性作家10人が語る、プロの仕事の舞台裏。 (ラセ)作者: CW編集部出版社/メーカー: 新風舎発売日: 2005/11メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 6回この商品を含むブログ (27件) を見るお正月は頑張って本を読もうということで、『容疑者Xの献身』…

<付記>

「古畑任三郎」シリーズの続編が作られなかった理由として、「三谷幸喜が飽きた」とか、「田村正和があまりに古畑イメージでみられることを嫌がっている」とか、「三谷幸喜と西村雅彦の不仲」とかが語られていたわけですが(2004年のスペシャルの本編に…

古畑任三郎FINAL 第1夜

TV

クリスティの『カーテン』あるいはクイーンの『Yの悲劇』かよ!と思いつつ、けっこうハマって観てしまいました。やっぱり「古畑」面白いなあ。カーテン (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)作者: アガサ・クリスティー,中村能三出版社/メーカー: 早川書房発売…

古畑任三郎FINAL 第2夜「フェアな殺人者」

TV

http://wwwz.fujitv.co.jp/furuhata/story_2ya.html今日のはちょっと辛かった…いや、見込み捜査にもほどがあるし… もちろん、凡百のドラマよりは遥かに…と言いたいけど… イチローが出演してくれたことで、かえって「古畑」としてはやりにくい面も大きかった…

アクセスカウンター