琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

感動したいあなたに!絶対泣ける本BEST3

http://wwwz.fujitv.co.jp/123/oa.html

昨日放送の『ザ・ベストハウス123』というテレビ番組の中で、『ダ・ヴィンチ』(メディアファクトリー)の偉い人(横里編集長)が紹介していたのが、このベスト3。

■感動したいあなたに!絶対泣ける本BEST3(紹介文は『ベストハウス123の公式サイトより)
1位:西原理恵子「いけちゃんとぼく」
 ある少年と、彼に寄り添う 「いけちゃん」の物語。二人は仲良しで、いつも一緒に遊んでいる。だが、いけちゃんの正体がわかってくるにつれて次第と涙があふれてくる。

いけちゃんとぼく

いけちゃんとぼく


2位:劇団ひとり陰日向に咲く
 全5話の連作小説。著者の 劇団ひとりは、言わずと知れた人気お笑い芸人。この小説は発売されるやいなや、話題を呼んだ。横里編集長のおすすめは4話目の「オーバーラン

陰日向に咲く

陰日向に咲く


3位:荒木経惟「センチメンタルな旅 冬の旅」
 これは、まさに荒木氏と妻・陽子さんとの愛の記録。新婚旅行の様子を撮影した「センチメンタルな旅」、そして、愛する妻の闘病の様子を撮影した「冬の旅」へと続く。

センチメンタルな旅・冬の旅

センチメンタルな旅・冬の旅

 なるほどなあ、というのと、「一般視聴者向けに」という条件だと、こういうチョイスになるのかなあ、というのと。あと2つはさておき、『陰日向に咲く』は、「泣ける」小説じゃないと思うんだけど。僕には、劇団ひとりさんの「容赦ない観察眼」のほうが印象に残った本でした。あと、紹介のなかで『いけちゃんとぼく』の「トリック」を完全ネタバレしていたのには驚きました。うーん、確かにああいう形で紹介したほうがセールスにも結びつきそうですが、あれは「読者の楽しみを奪う」ことでもありますよね……

アクセスカウンター